サブリースの評判には注意が必要

契約書の内容を十分に確認することが必要です

サブリース 評判サブリースって本当に怖いの?

契約書の内容を十分に確認することが必要です家賃保証に関しては様々な条件によって変動する恐れがある場合によっては大きな損をしてしまうリスクがある

最近では銀行の預金金利も非常に低く、銀行に預けていただけでは効果的な資産運用ができない時代となっています。
しかし、自分自身で投資を行ったり、賃貸住宅を建てて効率的に運用するのは様々なノウハウが必要であるため、これも難しいと考えていたところに、住宅のサブリースが非常に効率的であると言う評判を聞き、実際にその申し込みを行ってみました。
サブリースの形には様々なものがありますが、最も一般的なものは住宅メーカーなどが家を建てる際にこれの名義人になり、はじめに住宅を建てる資金を調達して様々な家を建て、これの管理運用をサブリースを行う会社に委託すると言うものです。
自分自身で管理をする必要がないため、効率的に住宅を使った資産運用を行うことができ、空室リスクなどを考慮しなくても良いというのがメリットと書かれていました。
しかし実際に契約書を確認してみると、その家賃の金額が定期的に見直され、将来的には変化すると言う恐れがあることがわかり、その点を十分に担当者に確認してみたところ、一般的な賃貸と同じように2年に1度家賃の補償金額を変更する必要があると言う答えが返ってきたのです。
すなわち、最初のパンフレットなどに書かれている家賃補償の金額はあくまで契約を始めてから最初の2年間のものであり、その後は契約の見直しが行われるため家賃の金額が変動するのと同時に保証金も変動すると言う仕組みになっています。
しかしこのような点はパンフレットには明確には記載されていないことが多いため、契約書の内容を十分に確認することが必要です。