市販されている製品にも使われる撥水剤の高性能さと便利さ

水をはじく車

金属製品の防錆対策にフッ素コーティングで撥水性を付与

作業中の男性

日用品でも、ある産業に特化した製品でも、金属でできているものは沢山あります。製品そのものが金属メインの場合もあれば、部品として金属を使用しているものもあります。いずれの場合も、金属という素材の耐久性や見栄え、適応力の広さなどの強みが生かされています。一方、金属の弱みと言えば、水気に弱いことです。硬くて強いイメージのある金属ですが、水気にずっと晒されていると、錆びて途端にもろくなってしまいます。そのため、金属を使う場合は、防錆対策が必要不可欠となります。
最強の防錆対策は、最初から金属に水を付着させないことです。それを可能にしてくれるのが、フッ素コーティング剤を使った撥水剤です。撥水剤は、防水スプレーとしても使われているように、製品表面であらゆる水分をはじいてしまいます。肉眼でそれと確認するのは困難ですが、撥水剤を使用することで、フッ素コーティング剤の成分であるフッ素樹脂が極薄の被膜を作り、そこで水分をブロックします。水が金属に触れることさえないのですから、金属が錆びることは理論上ありえないことになります。
ただし、フッ素コーティング剤を使った撥水剤の効果は、永久に続くものではありません。防錆効果を長くキープするには、効果が弱まる前にコーティングし直すなどの対策を取りましょう。

TOP